ダムズグループ採用情報サイト

渡辺将史
地域に根差したアミューズメント企業として
人々の生活に楽しさを創出する、その使命感とやりがい
渡辺将史
第2営業部 2004年入社

人々の生活に楽しさを創出するその使命感とやりがい

営業部の主たる業務、それは突き詰めると全ては店舗における集客という事に尽きます。
売上、利益等の数値管理をはじめ、遊技台、機械設備関連の選定や運用、その他遊技環境の構築や企画・サービスなど、その内容は多岐に渡ります。
その中で私は主にその他遊技環境の構築、企画・サービスなどの部分を担当しております。具体的には、例えば景品コーナーにおける賞品の調達や管理、ディスプレイ、イベント企画等という仕事があります。一見、直接集客には結びつかないイメージがありますが、例えば女性客を意識した品やディスプレイに工夫を凝らす事により、店の雰囲気を変えイメージアップを図る。またお取り寄せのスイーツをスポット景品として用意し、普段手に入らない様なものを提供するなど、こうした取り組みを行いより多くの店のファンを創出し集客力アップへと繋げています。
他にもホームページや携帯端末サービスといった集客ツールの企画立案というものがあります。近年、めざましい普及を遂げるスマートフォン。情報化社会を象徴するもので、とても身近になりました。こうした環境を利用し、ダムズグループが発信したい情報を、オリジナルアプリの開発や他の媒体とのメディアミックスを行うことで、より効果的に発信できるよう考え、取り組んでいます。 また、店舗営業以外の活動もあります。ダムズグループでは新潟県のプロバスケットボール「アルビレックスBB」の公式スポンサーです。年一回行われるサンクスデーでは、多くの観客が来場されます。ブースを出展し、アミューズメントの楽しさを幅広く伝えていくことも私たちの仕事です。こうしたイベントでは、ある種文化祭の準備のような楽しさがあり、とてもやりがいを感じます。
こうして、様々な取り組みを行い、地域に根差したアミューズメント企業として、社会に貢献し、人々の生活に楽しさを創出する、そこに使命感とやりがいを感じながら業務を行っております。

誰かがやらなければならない、そこが力の見せ所

これまでに、数々の新規店舗オープンやリニューアルに携わらせて頂きました。
当然ながら毎回、綿密な打ち合わせを行い準備して臨むのですが、必ずと言っていいほど何か想定外の事が起こり得ます。
そういった状況であっても、迅速かつ適切な判断、そして解決を行わなければなりません。
その為に各関連部署との連携を図り、問題をクリアしていくのですが、そこに至るまでに様々な立場の方の意見があり、それを理解・集約し検証した上で説明・実行へと導くという非常に手間のかかる場合があります。
また、誰かがやらなければならない案件を、最終的に自分が受け持つなど、理不尽な場合もあります。ただ、そこが私の力の見せ所でもあります。
しかし、そうやって取り組んだ結果が形になったとき、お店がオープンし多くのお客様が楽しみに来店し活気あふれる店内を見た時は何にも代えがたいものがあります。
準備係にして連絡係、雑用もこなさなければならない究極の裏方ですが、その分様々な方と関わり進めていく為、あらゆる場面において多種多様な人脈と知識が得られ、経験する事ができるある意味貴重な立場なのかとも思います。

PROFILE

■渡辺将史

・所属部署
第2営業部
・年齢
33歳
・入社日
2004年4月1日
・座右の銘
百聞は一見に如かず
・趣味
登山
・休日の過ごし方
ゴルフ練習
ダムズ人教育制度数字で見るダムズ