ダムズグループ採用情報サイト

女性活躍推進に対する取り組み

育児休業者の職場復帰支援

平成27年8月に女性活躍推進法が成立し、平成28年4月1日に施行されました。
当社としても、女性活躍推進法に基づき、女性の職場生活における活躍の推進に取り組むため、行動計画を策定しています。

女性活躍推進に対する取り組み

女性活躍推進法の一環として「育児短時間正社員制度」を平成28年9月より導入しました。
育児休業明けの社員が無理なく職場復帰するためには、企業及び職場の支援は不可欠です。
この制度はお子さんが小学校に就学するまで利用でき、1日の所定労働時間を6〜8時間とし、早番の勤務時間内で勤務時間7パターンより選択可能となります。
出産を理由として退職することなく、育児休業、育児短時間正社員制度を活用しながら
イキイキと働いてもらうことで、女性社員が活躍できる環境を整備しています。

女性活躍推進法に基づく行動計画

1.計画期間
平成28年4月1日~平成33年3月31日
2.目標
正社員に占める女性割合を30%以上にする
3.取組内容
取組1:新卒採用において女性の応募を増やす取組を強化する
取組2:非正社員から正社員への転換制度を積極的に進める

育児短時間正社員制度の利用

齋藤 茉莉(DAMZ竹尾インター本店)

制度を利用する前と、利用後の違い

この制度を利用する前は、土曜・日曜・祝日は遅番勤務がありましたが、その際に母に子どもをお願いするのは申し訳なく思っておりました。子どもも私がいない夜は寂しがっていたようでした。しかし、この制度を利用してからは母にお願いする事も減り、子どもにも寂しい思いをさせなくてすむようになりました。

制度の利点

子どもとの時間を多く取れるところです。遅番があると子どもを母にお願いしなければなりませんでしたが、現在は夕方から一緒に過ごせるので、今まで以上に子どもとの時間を大切に出来ます。

制度のポイント

育児と仕事の両立ができ安心して正社員として頑張れるところです。
今後は出産後の復帰に悩む人も戻りやすくなると思います。

プライベートの充実

充実しています。早番が終わった後は一緒に買い物をしたり、ジュースを飲んだり、時間に余裕を持つ事が出来ます。最近は少し遠くまで温泉に入りに行き、初めての広いお風呂に大喜びする子どもを見られました。

取組内容と実施時期

取組1:新卒採用において女性の応募を増やす取組を強化する。

●平成28年 4月~
合同企業説明会・会社説明会に女性社員を積極起用し、女性活躍推進を周知する。
求人票に女性活躍を推進する企業であることを記載する。
女性の学生を対象とした会社説明会を開催する。

●平成29年 3月~
企業HP及び採用向け会社案内を見直し、社内で活躍する女性紹介ページ等を追加する。

取組2:非正社員から正社員への転換制度を積極的に進める。

●平成28年 8月~
転換制度希望者を対象に個別ヒアリングを実施。(年1回)

●平成28年11月~
社内報に活躍する女性社員の姿を紹介し、従業員休憩室に社内報を備え付け、誰でも閲覧できる状態にする。

情報公開項目

採用した労働者に占める女性労働者の割合(平成29年3月現在)
正社員 男性79.6% 女性20.4%
パートアルバイト 男性34.2% 女性65.8%
ダムズ人教育制度数字で見るダムズ